ハウスメーカーを選ぶ時は“住む人に寄り添った”提案をしてくれる会社を

ハウスメーカーとの打ち合わせ


家を建てる時、もっとも大事なのはハウスメーカー選びです。なぜなら、建てられる家が本当に快適に過ごせる家かどうかは、ハウスメーカーによって変わるからです。より具体的には、提案力のあるハウスメーカーほど家づくりに失敗する可能性が低くなります。

なぜハウスメーカーは提案力が大事?

これから家を建てる方の大半は、おそらく初めて家づくりを経験するでしょう。当然、専門的な知識やノウハウについてもよくご存じないと思います。家の快適性を高めるにはどのような工夫を取り入れれば良いのか、分からないですよね。本やインターネットを使えば情報を入手できますが、その情報が本当に正しいのか判断に迷うこともあるでしょう。

提案力があるハウスメーカーは、家づくりの知識やノウハウがない施主に代わって、後悔しない家づくりを叶えるための助言をしてくれるハウスメーカーと言い換えられます。例えば冬に暖かい家にしたい、空間を有効活用したい、日光を取り入れた家にしたいなどの希望に対して、具体的にどのような設計にすれば良いのか、その“提案”をしてくれます。

ハウスメーカーは家づくりのプロフェッショナル。知識はもちろん、これまで培ってきたノウハウにも信頼が置けます。そんなハウスメーカーの提案があれば、後悔しない家づくりができますね。

住む人に寄り添った提案とは?

ただし、中には提案を押し付けがちなハウスメーカーもあるため注意が必要です。

例えば憧れる方が多い「吹き抜け」について、実際は冷暖房の循環が悪く、暑さや寒さを感じやすいというデメリットがあります。それに対して「吹き抜けはやめたほうが良い」と提案するのは簡単ですが、それでは理想の家からは遠ざかってしまいます。施主の希望を聞き、その上で希望を叶えながらも快適な家にするにはどうすれば良いか、そこまで考えた提案をしてくれるハウスメーカーが理想です。先ほどの吹き抜けで言えば、高気密・高断熱構造にすることで、デメリットになる暑さや寒さを防ぎやすく、快適性を高められます。

住む人に寄り添った提案をするハウスメーカーを紹介

「遊びを。design」をテーマに注文住宅のご提案。そんなコンセプトを持つハウスメーカーがあります。岩手県盛岡市を中心に注文住宅を施工しているDEAR HOME(ディアホーム)です。

「こんな家に住みたい」という希望は家庭ごとに違います。時には実現が難しい希望もあるでしょう。しかし実現が難しくても、施主にとっての希望には変わりありません。そしてその希望を可能な限り叶えるために、最大限の努力をしているのがディアホームです。施主の希望に対して、まずは長所や短所を説明し、本当に必要かどうかを一緒に考え、本当に必要であれば実現できる方法を提案します。

実用性や快適性だけに囚われず、施主と同じ目線で家のことを考える、それが「遊びを。design」をコンセプトに掲げるディアホームの家づくりです。できる限り家に対する希望を叶えたい、でも快適性も失いたくない。そんな方は、盛岡市のディアホームにご相談ください。

「遊びを。design」をテーマにした注文住宅を提案するディアホーム

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL