冬の快適さは家の断熱性で決まる。高断熱な家を建てるには?

窓の外の雪景色


冬の悩みといえば、かさむ光熱費。寒さが厳しい時期は、体を暖めたくなるものです。そのため、夏場はシャワーを浴びるだけだった方も、冬は浴槽にお湯をため、温かいお風呂に浸かるという方は多いのではないでしょうか?しかし浴槽にお湯をためれば、ガス代が嵩んでしまいますね。そのような理由から、中にはお湯をためずに我慢する方もいるでしょう。

お湯はためずとも、暖房は使用するという家庭は多いです。冬は室内にいても寒さを感じるため、暖房をつけて部屋を暖めます。体のためにもそのほうが良いですが、やはり電気代が気になってしまいますよね。

冬を快適に過ごすなら高断熱な家を建てよう

部屋が寒くて暖房を止められない。その原因は、家自体にあるかもしれません。家の断熱性が低いと、外の温度が家の中に伝わってしまい、寒さに悩まされることになります。

断熱性とは、熱を遮断する性能のこと。断熱性の高い家、つまり高断熱な家は、外の温度を遮断する性能に優れているため、部屋の中が冷えにくいのです。そのため、暖房を使用している時間を短縮できたり、暖房を使用せずとも冬を乗り越えられたりします。快適に冬を過ごせるだけではなく、暖房の使用にかかる電気代も節約できるので、家を建てる時は、断熱性を高めることをおすすめします。

家の断熱性を高めるには?

断熱性を高めるためには、「断熱材」と呼ばれる素材を使います。屋根や壁の内側に入れて、熱を遮断するための素材です。断熱材には、「繊維系」と「発泡プラスチック系」の2種類があります。繊維系とは、加工された繊維状の素材の中に空気を含ませ、熱を遮断する素材。一方で発泡プラスチック系とは、プラスチックを発泡させることで細かい気泡を生み出し、その中に気体を閉じ込めて熱を遮断する素材です。

繊維系と発泡プラスチック系の素材は、どちらが断熱材に優れているというわけではありません。場所ごとに適した素材を使用することで、最大限の断熱効果を得られます。もっと言えば、繊維系と発泡プラスチックは、それぞれ形状によっても適した使用場所が変わります。せっかく高断熱な家を建てようとしても、適切な場所に、適切な断熱材が使われていなければ、効果は半減してしまうでしょう。

高断熱な家を建てるならば、実績のある建設会社に施工を依頼することをおすすめします。例えば、栃木の第一住宅は、長期優良住宅に対応している家を建てている建設会社です。長期優良住宅として認められるための項目には、「省エネルギー対策」があります。断熱措置などを含めて、冷暖房に使用するエネルギー量を抑えられるかを審査する項目で、第一住宅の家は、最大等級4相当の省エネルギー対策がされています。

断熱性の高さはもちろん、劣化対策や気密性の高さ、耐震性の高さなど、様々な面において、第一住宅の建てる家は優れています。100年住み続けられる住宅として、強いこだわりに沿った設計がされている第一住宅の家。栃木県付近で高断熱な家を建てようと考えている方は利用を検討してはいかがでしょうか?

栃木の建設会社・第一住宅の高断熱な家について、詳しくはホームページをご覧ください。

【URL】https://daiichi-jutaku.co.jp/method-performance

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL